東京国立博物館

  • ミュージアム
  • 上野
  1. Tokyo National Museum
    Photo: Tokyo National Museum
  2. Tokyo National Museum
    Photo: Tokyo National MuseumTokyo National Museum
  3. Tokyo National Museum
    Photo: Courtesy of Tokyo National Museum
  4. Tokyo National Museum
    Tokyo National Museum春の庭園開放
広告

タイムアウトレビュー

東京滞在中、美術館巡りには1日しか割けないが、日本の芸術や歴史に興味があるのなら、ここに行くべし。日本最古にして最大の博物館で11万件以上を所蔵。華麗な門をくぐると、広い中庭と池を3つの建物が取り囲んでいる。正面の建物が1938年建立の本館で、日本美術と骨董(こっとう)品を常設展示。25部屋あり、定期的に絵画、陶器、刀、着物、彫刻などを入れ替わり展示をしている。

右手にある東洋館は5階建てで、ほかのアジア諸国の芸術作品を集めている。左には1909年に開館したヨーロッパスタイルの表慶館。その裏には法隆寺宝物館があり、奈良の法隆寺から皇室に献納された仏教美術を中心とした作品を展示している。

本館の左は平成館で、日本とアジアの美術の大人気の作品の企画展を年3、4回行っている。敷地内にはレストランが2カ所あり、ミュージアムショップもある。

詳細

住所
東京都台東区上野公園13-9
Tokyo
アクセス
JR『上野』駅(公園口)徒歩10分/京成電鉄『京成上野』駅 徒歩15分/東京メトロ千代田線『根津』駅 徒歩15分
価格
展覧会により異なる
営業時間
9時30分~17時00分(入館は閉館の30分前まで)/休館日は月曜(祝日の場合は翌日)

開催中

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

手がけた品々の多くが国宝や重要文化財に指定されている、総合芸術家の本阿弥光悦(ほんあみ・こうえつ)。江戸時代初期、家業だった刀剣の研磨や鑑定だけではなく、漆工、書、陶芸と、多岐にわたる造形に関わった人物だ。本展は、そんな光悦の造形に関する最新研究と、熱心な法華信徒でもあったことを照らし合わせ、幅広い活動を総合的に見通そうとするもの。 例えば、山なりに膨張したような造形の国宝「舟橋蒔絵硯箱」は、現在「光悦蒔絵」と呼ばれる作品の代表格だが、その独特の表現やモチーフの背景には、光悦がたしなんだ謡曲の文化が伺える。また、光悦の高い表現力が見て取れる表情豊かな書や、鋭く張りつめた筆致で書写された日蓮法華宗関係の書、作陶した個性的な形の茶わんや楽家との関わりなども紹介される。 ジャンルレスに活動した当時「異風者」と言われた芸術家だが、高い美意識と確かな審美眼によって生まれた優品が、現代の私たちの目にどのように映るのか、非常に興味深い展覧会となるだろう。 ※会期中、一部作品の展示替えあり  

広告
関連情報
関連情報