化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~

  • ミュージアム
  • 国立科学博物館, 上野
  1. National Museum of Nature and Science,Tokyo
    Photo: National Museum of Nature and Science,TokyoModel of a Tibetan woolly rhinoceros
  2. National Museum of Nature and Science,Tokyo
    Photo: National Museum of Nature and Science,TokyoModel of a Paraceratherium
  3. National Museum of Nature and Science,Tokyo
    Photo: National Museum of Nature and Science,TokyoDinosaur eggs
広告

タイムアウトレビュー

化石ハンターたちの足跡をたどる展示が、「国立科学博物館」で開催。本展示は、化石ハンターとして世界的に有名なロイ・チャップマン・アンドリュースが、ゴビ砂漠で探検を行った1922年から100年を迎えたことを記念したもの。

貴重な恐竜や哺乳類の化石と標本を通して、アンドリュースや彼の偉業を追いかけた名だたる化石ハンターたちの探検を紹介する。中でも、氷河時代における哺乳類の進化に関する「アウト・オブ・チベット」説の紹介や、その説を導き出す証拠となった「チベットケサイ」の全身骨格復元標本や生体復元モデルは、世界初公開。史上最大の陸生哺乳類「パラケラテリウム」、史上最大の陸生肉食哺乳類「アンドリューサルクス」なども必見だ。

この夏は、恐竜たちへ生涯をささげた先人の偉業に思いを馳せてみては。

詳細

イベントのウェブサイト
kaseki.exhn.jp/
住所
国立科学博物館
東京都台東区上野公園7-20
Tokyo
アクセス
JR山手線『上野』駅(公園口)徒歩5分/東京メトロ銀座線・日比谷線『上野』駅(出口7)徒歩10分/京成線『京成上野』駅(正面口)徒歩10分

イベント詳細

広告
関連情報