カップヌードルミュージアム

  • ミュージアム
  • みなとみらい
  • お勧め
カップヌードルミュージアム
カップヌードルミュージアム
広告

タイムアウトレビュー

日清食品の創業者で、インスタントラーメンの発明者である、安藤百福(あんどう・ももふく)が抱いていた「子供たちに発明・発見の大切さを伝えたい」との思いを具現化した体験型食育ミュージアム。大阪府池田市の『インスタントラーメン発明記念館』(1999年11月オープン)に続く施設となる。

世界で一つだけの『カップヌードル』を作ることができるマイカップヌードルをはじめ、世界中の「麺」 が味わえるコーナーなど、ミュージアム内にはさまざなアトラクションが用意されている。

同ミュージアムのクリエーティブディレクションは、アートディレクターの佐藤可士和が担当。建物やロゴマークのデザインから、各展示のコンセプトワークに至るまで、総合的なプロデュースを手がけた。日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメンが、いかにして発明され、どのように発展を遂げていったのか。さまざまな展示や体験工房を通じ、楽しく遊びながら、学んでみては。

詳細

住所
神奈川県横浜市中区新港2-3-4
Tokyo
アクセス
みなとみらい線『みなとみらい』駅(徒歩8分)/みなとみらい線『馬車道』駅(徒歩8分)
価格
500円、高校生以下無料
営業時間
10時00分〜18時00分(入館は閉場の1時間前まで)/休館日は火曜(祝日の場合は翌日)
広告
関連情報