高野辰之住居跡

  • ミュージアム
  • 代々木
広告

タイムアウトレビュー

国文学者として有名な高野辰之が住んでいた跡地。そばを流れていた河骨川をイメージして、文部省唱歌『春の小川』を作詞。1910年には東京音楽学校の教授になり、『おぼろ月夜』『ふるさと』『春が来た』『紅葉』などの作詞も手掛けた。

詳細

住所
東京都渋谷区代々木3-3
東京
アクセス
小田急線『参宮橋』駅 徒歩6分
広告
関連情報