覚林寺

ミュージアム 白金台

清正公前の交差点からほど近い場所にある1631年創建の寺院。境内に加藤清正の位牌や像が祭られていることから『清正公』という別名を持つ。地元の人々からは『清正公さま』と呼ばれ、勝負祈願にご利益があると信仰を集めてきた。毎年5月4日、5日には『清正公大祭』が行われ、人生の苦悩に打ち勝つお守り『菖蒲入り御勝守』が授与されるほか、山門付近には露店が並んで多くの人で賑わう。山の手七福神の毘沙門天担当寺院としても有名だ。

掲載日

ヴェニュー名 覚林寺
問い合わせ
住所 東京都港区白金台1-1-47
東京

アクセス 東京メトロ南北線、都営三田線『白金台』駅(出口1)徒歩9分
Static map showing venue location