秩父宮記念スポーツ博物館

ミュージアム 信濃町

国立競技場内に、日本のスポーツおよびオリンピックの歴史的資料を紹介する博物館がある。日本スポーツ振興センターによって運営される同館では、国内スポーツの歴史と発展、オリンピックとの関わりを軸に、1920年に熊谷一弥が獲得した日本人初のオリンピックメダルなど、価値ある資料を数多く展示。蹴鞠、流鏑馬(やぶさめ)などの道具から、近代オリンピックのメダル、ユニフォームなど、幅広い内容の資料を公開している。なかでも東京オリンピックの関連資料は大変充実しており、金銀銅のメダルのほか、亀倉雄策、早崎治による公式ポスター、岡本太郎、田中一光による参加メダル、原弘デザインのディプロマなど、デザインやアートの資料としても貴重な品を観ることができる。

掲載日

ヴェニュー名 秩父宮記念スポーツ博物館
問い合わせ
住所 東京都新宿区霞ヶ丘町10-2
東京

アクセス JR総武線『千駄ヶ谷』駅 徒歩5分、 JR総武線『信濃町』駅 徒歩8分、 都営大江戸線『国立競技場』駅(出口A2)徒歩1分
Static map showing venue location