子規庵

ミュージアム 鴬谷

タイムアウトレビュー

台東区立書道博物館向かいにある、俳人・正岡子規の旧居を再建した東京都文化史蹟。子規庵とは、1894年に27歳で同地に移住し、35歳の若さで亡くなるまで子規が生活していた住居兼書斎の呼び名。もとの建物は1945年4月の空襲で消失したが、1950年、高弟である寒川鼠骨らの努力で再建され、一般公開されている。

掲載日

詳細

住所 東京都台東区根岸2-5-11
東京

アクセス JR『鴬谷』駅 徒歩5分
問い合わせ

ユーザー評価