大名時計博物館

ミュージアム 谷中
大名時計博物館

タイムアウトレビュー

ここに並ぶ時計を買えたのは大名達だけだった。日本が1870年に太陽暦を採用するまで、日の出から日没までの時間が決められていた。その結果、1時間の長さは冬より夏の方が長かった。時刻は干支にちなんで名づけられた。この1部屋だけの博物館では、アラーム時計から着物を着ている時に使われていた時計まで、十数点の計時器を展示している。

掲載日

詳細

住所 東京都台東区谷中2-1-27
東京

アクセス 東京メトロ千代田線『根津』駅(出口1)
問い合わせ
営業時間 10時00分〜16時00分(入館は閉館の30分前まで)

ユーザー評価