三溪園

アトラクション, 公園&庭園 横浜
1 Love It
保存する
三溪園

三溪園(三渓園)は、生糸貿易で財をなした実業家、原三溪によって1906年に造られた日本庭園。明治政府が神仏廃止を唱え、多くの貴重な建造物が取り壊されるなかで日本各地の古建築を移築し、取り壊しから救ったという。庭園には京都の三重塔や大名の邸宅、安土桃山時代の茶室など多くの重要文化財がある。桜やお月見の時期には夜まで開園している。

掲載日

ヴェニュー名 三溪園
問い合わせ
住所 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
東京

営業時間 9時00分~17時00分(入園は閉園の30分前まで)/休園日は12月29日〜31日
アクセス JR『横浜』駅(東口)よりバス『本牧三渓園前』下車
価格 一般500円、小学生以下200円
LiveReviews|0
NaN people listening