1. Hotel Chinzanso Tokyo
    Photo: Hotel Chinzanso Tokyo
  2. Hotel Chinzanso Tokyo
    Photo: Hotel Chinzanso Tokyo
  3. Hotel Chinzanso Tokyo
    Photo: Hotel Chinzanso Tokyo
  • ホテル
  • 目白台

ホテル椿山荘東京

広告

タイムアウトレビュー

東京の都心にあるとは思えないほど豊かな自然に囲まれた、ラグジュアリーなホテル。広大な敷地にはさまざまな植物が生い茂り、史跡も残っている。

春はサクラ、初夏にはホタル、秋は紅葉など、季節によりその表情を変える。週末の小旅行を楽しむ人々や、都会の華やかさから隠れてプライベートを楽しみたいセレブたちにも人気だ。ホタルの生息するほたる沢や鎌倉時代の史跡を眺めながら日本庭園を散策し、ゆったりとしたロビーエリアでくつろぎたい。サービスから和洋折衷の部屋の装飾まで、全てが申し分ない。

関連記事
東京、ホテルの朝食ビュッフェ10選
東京、ホテルのアフタヌーンティー15選

詳細

住所
東京都文京区関口2-10-8
Tokyo
アクセス
東京メトロ有楽町線『江戸川橋』駅 徒歩10分

開催中

Premuim 宇治茶アフタヌーンティー

1860年創業の老舗茶屋「辻利兵衛本店」とコラボレーションした人気のアフタヌーンティーが、「ホテル椿山荘東京」の「ル ジャルダン」で開催。2016年から始まった同企画は、今年で9年目となる。抹茶香る、緑が鮮やかなこのアフタヌーンティーは、初夏にぴったりだ。 上段には、グラスに入った「抹茶わらび餅と抹茶プリン」、抹茶クッキーでようかんを挟んだ「かぶせ茶あんバターサンド」、「抹茶ドーナツ」などのスイーツを用意。中段には3種類のスコーンが並ぶ。 加えて、下段のセイボリー。新緑の葉をイメージしたチュイルが乗った「ポークリエットとナッツのキャラメリゼ」や、抹茶マヨネーズを使用した「しらすと大葉 紅芯大根のサンドウィッチ」は食感豊かで、宇治茶の世界観を存分に楽しめるだろう。 紅茶の種類が豊富で、季節のティーから、ル・ジャルダンのオリジナルティーセレクションまで全20種類の茶葉から選べて、おかわり自由。完全予約制なので、事前に席をとっておこう。 新緑を感じるアフタヌーンティーはホテル椿山荘東京で。 ※12時〜17時30分(2時間制)/料金はウェブ予約7,500円、電話予約8,500円(サービス料別)

広告
関連情報
関連情報