ANAインターコンチネンタルホテル東京
ANAインターコンチネンタルホテル東京
  • ホテル
  • 六本木

ANAインターコンチネンタルホテル東京

広告

タイムアウトレビュー

2007年、全日空はホテル運営事業においてインターコンチネンタルと業務提供し、この37階建てのホテルに新しいブランドを展開した。

吹き抜けのロビーの内装にはきらめく大理石と温かみのある木調が融和を図り、滝とアート作品で装飾されている。35階、日本最大級のクラブインターコンチネンタルラウンジからは富士山を見ることができる。

関連記事東京、ホテルの朝食ブッフェ 10選

詳細

住所
東京都港区赤坂1-12-33
Tokyo
アクセス
東京メトロ銀座線・南北線『溜池山王』駅(出口13)徒歩1分/東京メトロ南北線『六本木一丁目』駅(出口3)徒歩2分

開催中

Poolside Lounge with Moët & Chandon

純白をベースに黄金の王冠をデザインしたデッキチェアやパラソル、フォトブースなどで彩られ、華麗なゴールドを体現するシャンパン「モエ・エ・シャンドン」の世界観が演出されたガーデンプールが期間限定で登場した。 東京タワーを望むラグジュアリーな都会のオアシスで、モエ・エ・シャンドンとともに「クラブサンドウイッチ」や「フィッシュ&チップス」、スムージーやかき氷などが楽しめる。 終日のみならず、10時からデイプールとして利用するのもよし、最も日差しの厳しい14時から涼を感じるために飛び込むのよし、18時からのナイトプールとしゃれ込むのもよしの、3部制で展開する。 ※10~22時(1部 10時~13時50分、2部 14時~17時50分 、3部 18時〜21時50分)/料金は終日1万1,000円(各部6・9月 4,000円、7・8月 6,000円)/土・日曜・祝日・8月13〜16日は終日1万7,000円(6・9月の1・3部 6,000円、6・9月の2部と7・8月 8,000円)/6~12歳は上記の半額、5歳以下(幼児用プールのみ)・宿泊客は無料

広告
関連情報
関連情報