角間温泉 越後屋

ホテル
角間温泉 越後屋
MAKIE

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間が異なる場合もあるため、公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

「千と千尋の神隠し」のモデルになったといわれている金具屋旅館を有する、長野県の渋温泉。その川向いの高台にひっそりとたたずむ、小規模な旅館が4軒と、共同湯が3軒だけの静かな温泉地、角間温泉の中に越後屋はある。

吉川英治が執筆のために滞在していたという越後屋の館内は、当時のまま時が止まっているような風情で、室内の障子や窓枠、広縁のテーブルセットも懐かしさを感じさせる。ここで写真を撮れば、誰でもアラーキーの「人妻エロス」風の一枚が撮れそうだ。

浴室は三つあり、いずれも鍵をかけて貸し切りで入浴することができる。目当ての大浴場は、作られた当時はさぞハイカラだったことだろう。

大浴場の隣のローマ風呂は、タイルマニア垂ぜんの代物。壁、床、浴槽のいずれも保存状態が良く、風呂に入るよりもタイルをずっと眺めていたくなってしまう。そして最後は、さらに昭和ムードたっぷりな共同湯に浸かって、締めのひと風呂にしてほしい。

テキスト:マキエマキ

掲載日

詳細

住所 長野県下高井郡山ノ内町大字佐野2346-1
Tokyo

アクセス 長野電鉄長野線『湯田中』駅 徒歩30分
問い合わせ
関連情報
    最新ニュース