ザ・ペニンシュラ東京

  • ホテル
  • 日比谷
  • お勧め
  1. William Furniss
  2. William Furniss
広告

タイムアウトレビュー

皇居外苑に面し、日比谷公園も近い自然豊かな極上のロケーションに建つラグジュアリーホテル。47のスイートを含む314の客室があり、都内最大級。各部屋は、和がアクセントとなったコーディネートがされている。

1階の正面玄関には、コンチネンタルダイニング、ザ・ロビーがあり、ペニンシュラ名物のアフタヌーンティーを楽しむことができる。

関連記事東京、ホテルのアフタヌーンティー20選

詳細

住所
東京都千代田区有楽町1-8-1
Tokyo
アクセス
東京メトロ千代田線・日比谷線・都営三田線『日比谷』駅 直結/JR山手線『有楽町』駅 徒歩2分

開催中

ANTEPRIMA アフタヌーンティー

日本人女性として初めてミラノコレクションに公式参加した荻野いづみがクリエーティブディレクターを務めるファッションブランド『アンテプリマ』とコラボレーションしたアフタヌーンティーが、ザ・ペニンシュラ東京に期間限定で登場。『アンテプリマ』のシグネチャーアイテムからインスピレーションを受けたセイボリーとスイーツ各6種類が並ぶ。 ワイヤーバッグのラウンドハンドルをイメージした『シュリンプトースト』、シルバーのワイヤーバッグをモチーフにシルバー箔(はく)をあしらったイチゴのコンポート入り『ジヴァラチョコレートタルト』など、かわいらしい見た目で繊細な味わいのメニューが楽しめる。 さらに『アンテプリマ』のオリジナルチャーム『MINI MINI WIRE』をギフトとして用意。ゴールドとシルバーの2色があり、1セットに1個付いてくる。アフタヌーンティーの思い出にぴったりのアイテムだろう。 ※1階 ザ・ロビーにて/11時30分〜21時/公式イベントページはこちら

広告
関連情報