金春湯

  • ヘルス&ビューティー
  • 銀座
  1. Konparu-yu
    Photo: Keisuke Tanigawa
  2. 金春湯
    Photo: Keisuke Tanigawa
  3. 金春湯
    金春湯
  4. 金春湯
    金春湯
広告

タイムアウトレビュー

高級寿司店の久兵衛の近く、銀座のど真ん中に店を構えるのが金春湯。開業は1863(文久3)年で、現在都内で営業している銭湯の中で最も歴史あるものの一つだ。2014年3月に改修を終え、脱衣所、浴室ともに鮮やかな白を基調とした空間になった。ビルがひしめく一等地にもかかわらず、建物は1階造りのまま天井が高く、銭湯らしさを守り続けている。

絵師の中島盛夫による富士山のペンキ絵は、海岸から望むものと赤い富士山の2種類が男湯と女湯にそれぞれ描かれている。また、創業当初に作られた錦鯉、春秋花鳥を描いた九谷焼の壁面のタイル絵は、見事な色彩を放つ。

浴槽は2種類で、片方がぬるく、もう一方が熱い。ぬるい浴槽でも42度ほどあるため、長湯のし過ぎには注意してほしい。

関連記事
東京、銭湯富士10選

詳細

住所
東京都中央区銀座8-7-5
Tokyo
アクセス
JR山手線・東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ『新橋』駅 徒歩5分/東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線『銀座』駅 徒歩5分
価格
480円、小学生180円、未就学児80円
営業時間
14時00分〜22時00分(土曜は20時まで)/定休日は日曜・祝日
広告
関連情報