帝国湯

ヘルス&ビューティー 日暮里
1/8
2/8
3/8
4/8
5/8
6/8
7/8
8/8

創業1916年(大正5年)、瓦屋根の堂々たる千鳥破風が出迎えてくれる帝国湯は、ディープな銭湯文化が育まれてきた東東京を代表する1軒。
建物は宮造りの銭湯の中でも特に凝った造りになっており、吹き抜けの天井は曲面で持ち上げる折り上げ式で、雲肘木が施されている。
男湯と女湯にまたがる大きなペンキ絵は2009年に他界したペンキ絵師、早川利光によるもので、彼の描く銭湯富士を観ることができる貴重なスポットとなっている。通常は2年〜3年に1度塗り替えられるペンキ絵だが、帝国湯では絵を残すべく、保護剤などで表面を労りながらその姿を維持している。名人とよばれた早川の持ち味であるダイナミックな波しぶきと雄大な富士山を堪能してほしい。
旅館のような雰囲気の箱庭には鯉の泳ぐ池があり、脱衣所の大きな本棚には囲碁盤や将棋盤も置いてあるなど、湯上がり後の楽しみもいっぱいだ。

関連記事
東京、銭湯富士10選

掲載日

ヴェニュー名 帝国湯
問い合わせ
住所 東京都荒川区東日暮里3-22-3
東京

営業時間 15時00分〜24時00分/定休日は月曜
アクセス JR『三河島』駅 徒歩7分
Static map showing venue location
LiveReviews|0
1 person listening