配布されるエコバック
配布されるエコバック

JR東日本がエコバッグ50万枚をNewDaysなどで無料配布

デザインはスノーピーク監修、駅ナカや駅ビルの一部店舗で実施

作成者: Genya Aoki
広告

JR東日本は、駅構内の駅ナカや駅ビルなどにある同グループ会社が運営する一部店舗等にて、2020年6月16日(火)からエコバッグ50万枚を無料配布することを発表した。

2020年7月1日(水)から義務化されるプラスチックレジ袋有料化に伴う取り組みで、プラスチックごみ削減などを目的としたものだ。該当するのはコンビニのニューデイズ(NewDays)や紀ノ國屋、東京駅構内にある駅弁屋祭、アトレ、ルミネの生鮮食品フロアといったプラスチックレジ袋を提供する21社の店舗で、一定金額の買い物をした人に順次配布していく予定。

一部店舗のみの配布となり、実施店舗はポスターやデジタルサイネージ等で掲示される。

エコバッグはJR東日本とスノーピーク、日本環境設計の3社が共同で企画制作。ペットボトルからリサイクルした素材で作られ、デザインはスノーピークが監修した限定品だ。キャメルとカーキの2種類展開だが、配布箇所によってカラーは異なる。運よく見かけたら迷わずゲットしよう。

関連記事

大手コンビニ3社が7月1日からレジ袋を有料化、1枚3円へ

東京、ソーシャルディスタンスを守る8のルール

サステナブルなエコバッグ6選

東京都品川区がコロナ支援策で全区民に3万円給付

新型コロナウイルスの影響で困っている人々に寄付を送る方法

最新ニュース

    広告