ニュース / バー

BARビギナーにこそ勧めたい酒の祭典「東京カクテル7デイズ」をレポート

BARビギナーにこそ勧めたい酒の祭典「東京カクテル7デイズ」をレポート

テキスト:たまさぶろ

2017年に初開催され、2018年は5月18日から27日までの10日間にわたり催されているクラフトカクテルの祭典『東京カクテル7デイズ』を、5月の気持ちの良い日曜の夜に堪能した。

まず足を運んだのは、18日から20日までの3日間限定でオープンし、カクテルを無料試飲することもできたメイン会場のVillage。場所は原宿、表参道と明治通りが交わる交差点からほど近い、エコファームカフェ632だ。ここで「カクテルパスポート」と呼ばれるブックレットを購入(4,500円)。このブックレットを入手すれば、開催期間中、会場への出入りは何度でも自由となる。

Villageでは、『バカルディ』『グレイグース』『ビーフィーター』『グレンモーレンジィ』『ヘネシー』『TUMUGI』『ヘンドリクス』『カンパリ』の8つの著名ブランドがブースを展開。購入したカクテルパスポートを提示すれば、このイベントのために用意された各ブランドのユニークなクラフトカクテルを、一杯ずつ無料試飲できる仕組みとなっている。また、季節のハーブや野菜、フルーツを自ら選び、お気に入りのカクテルをオーダーできる『カクテルマルシェ』では、驚きの『カクテルアイス』まで登場。普段のバーとは、一風変わった体験も楽しめた(一部有料)。

カクテルパスポートには、イベントに参加している都内66のどのバーでも使用できる「一杯無料チケット」が1枚ついているほか、各店舗でイベント期間中に提供される限定カクテルを、わずか1,080円(サービス料別)で楽しめるという特典もある。日頃、「バーへ足を運ぶには敷居が高い」という声をよく耳にするが、こうしたイベントでは、普段は味わえないカクテルの試飲もできるだけに、ぜひアンテナを高くし、チャンスを逃さないようにしたいものだ。参加店舗もパスポートを目印とし、ビギナーを温かく迎え入れてくれるだろう。

昨年の「7デイズ」から、今回はボーナスのように「10デイズ」へと会期が延長されたクラフトカクテルの祭典。「BARホッピングとは聞き慣れない」、そう思ったあなたこそ多彩なカクテルの魅力に触れてみてはいかがか。今回足を運びそびれたビギナーは、ぜひまた来年の開催をチェックしてもらいたい。

東京カクテル7デイズの詳しい情報はこちら

Advertising
Advertising