ニュース / シティライフ

2017年の訪日外国人旅行者数が2800万人を突破へ

2017年の訪日外国人旅行者数が2800万人を突破へ

観光庁が12月20日、2017年1〜11月の訪日外国人旅行者数が推計で2616.9万人だったと発表した。既に昨年1年間の合計2404万人を上回っており、年間2800万人を突破する見込み。

日本政府観光局(JNTO)の資料によると、11月の訪日外国人旅行者数は237.8万人で、昨年に比べ26.8パーセント増。1〜11月の合計は2616.9万人で、昨年1年間の2404万人を越えた。

最も多いのが中国からの旅行者で、11月までに679.1万人が訪日。昨年同期の594.6万人から約84万人増えた。2番目に多かったのが韓国で646.1万人。伸びは中国以上で、昨年の459.5万人に比べて約186万人多く、増加率は40パーセント以上を示した。

アジア以外で最も多かったのがアメリカで、125.8万人だった。アジア以外で最も伸びが大きかったのはロシアで、昨年は5.0万人だったが、約41パーセント増の7.1万人が訪れた。

2017年1〜11月で訪日客が多かった国・地域トップ5は以下

1位:中国 679万1500人

2位:韓国 646万1200人

3位:台湾 424万4600人

4位:香港 202万4300人

5位:アメリカ 125万8800人

昨年1〜11月比で最も増加率が高かった国・地域トップ5は以下。()は増加率

1位:ロシア 2016年約5万人→2017年7万1500人(41.8%)

2位:韓国 約459万6000人→646万1200人(40.6%)

3位:ベトナム 約22万人→28万9000人(31.1%)

4位:インドネシア 約23万人→29万9900人(30.3%)

5位:香港 約164万9000人→202万4300人(22.7%)

 

 

 

Advertising
Advertising