ニュース / シティライフ

銀座線渋谷駅の新デザインが発表、移設工事期間中は折返し運転を実施

銀座線渋谷駅の新デザインが発表、移設工事期間中は折返し運転を実施

東京地下鉄株式会社が、2020年1月3日(金)の始発から銀座線渋谷駅新駅舎の供用を開始することを発表した。線路切替工事とホーム移設工事は2019年12月27日(金)夜から2020年1月3日(金)早朝にかけて実施し、その間、2019年12月28日(土)始発から2020年1月2日(木)終車までは表参道~青山一丁目駅間、溜池山王~浅草駅間で折り返し運転を実施する予定だ。

新駅舎は明治通り上に駅舎を建設。新ホームは渋谷ヒカリエと先日オープンした渋谷スクランブルスクエア東棟に架かるかたちとなる。ホーム幅が約6メートルから約12メートルに拡幅されるほか、多機能トイレなどのバリアフリー設備も備える。

多機能トイレは明治通り側の2階に設置。バリアフリールートとして、渋谷スクランブルスクエア東棟のエレベーターを利用できる。今後2020年度内に、ホームドアの設置、銀座線のホームから地上までのエレベーター設置、ホーム上に一般トイレを整備する予定だ。

 

工事期間中は一部区間での運休、折り返し運転を実施。また、東京メトロ、都営地下鉄、JR、各私鉄にて振替輸送を行う。銀座線運休の詳細については、こちらから確認してほしい。

Advertising
Advertising