ニュース / 映画

舞台は日本、Netflixで「クィア・アイ」の特別編が11月に配信決定

Queer Eye

Netflixで2018年2月にスタートした、リブート版クィア・アイ』は、専門分野を持つゲイ5人組がストレートの男性を変身させるリアリティー番組だ。

この『クィア・アイ』に出演する、ファビュラスでポジティブな5人組、アントニ・ポロウスキ、ジョナサン・バン・ネス、カラモ・ブラウン、タン・フランス、ボビー・バーク(通称ファブ5)が、東京の写真をInstagramに投稿して以来、大きな話題となっている。

そして、このほど日本特別編『クィア・アイ: We're in Japan!』が、4エピソードのミニシリーズとして2019年11月1日(金)から配信されることが発表されたのだ。

『クィア・アイ』は、5人のゲイがそれぞれの専門技術(フード&ワイン、カルチャー、美容、ファッションなど)を駆使して、自信を失った人たちに自分のスタイルと自信を見つける手助けをし、参加者の人生を変えいくというもの。感動的な場面も多く、涙なしにエピソードを見終わることがないという人もいるだろう。

この投稿をInstagramで見る

T A N . F R A N C Eさん(@tanfrance)がシェアした投稿 -

今回はファブ5が、4人の日本人の男性と女性に「セラピー」を施し、彼らのワードローブと狭い東京のアパートを大変身させ、本当の自分を受け入れる方法を伝授する。いつもは、彼らだけで進行されるのだが、日本で人気の女性タレントがファブ5に加わるようだ。

予告編を見ると、ファッションリーダーの水原希子が彼らを東京案内したり、ワールドワイドな活動を広げる人気コメディアンの渡辺直美が5人と柔道に挑戦している様子がうかがえる。その体型を生かし堂々とした個性ある渡辺は、「自信」をテーマにしたこのシリーズのヒーローたちと通じる貴重な助言がたくさんあるに違いない。

クィア・アイの公式ページはこちら

原文はこちら'Queer Eye: We're in Japan!' to premiere on Netflix on November 1

Advertising
Advertising

コメント

0 comments