PANPAID
PANPAID

自粛明けに重要な接触感染対策、専門家らによる環境消毒マニュアルが公開

パンデミック対策サイトPANDAIDが消毒専門家と共に製作

Advertising

新型コロナウイルスの感染経路は、飛沫感染と接触感染といわれている。そのため「咳エチケット」や手洗いなどの感染症対策を行っている人は多いだろう。だが、それと同じくらい、飛沫が付いているかもしれない場所からの感染リスクを下げるのも重要な対策だ。厚生労働省労働基準局によると、満遍なく清拭(拭き上げる)する、こまめな日常清掃と消毒によって接触感染を防ぐことが有効とのこと。

デザインストラジストの太刀川英輔(たちかわ・えいすけ)が代表を務めるデザインオフィス、NOSINER(ノーザイナー)が立ち上げたパンデミック対策ウェブサイト「PANDAID」では消毒の専門家と共に制作した「環境消毒マニュアル」を公開している。

日常清掃の中で新型コロナウイルスを消毒することを目的に作ったもので、清掃方法や消毒用のアルコールが現在品薄のため、ハイターなどの塩素系漂白剤を希釈して消毒液を作る方法などを紹介している。家での共有空間やオフィス清掃などの際に役立ててほしい。

Pandaid
Photo:PANPAID
Pandaid
Photo:PANPAID

清掃準備段階で必要なものや、使った用具はどうするかなど専門的な知見による手順が丁寧に説明されている。また、薬液を含ませたダスターは一方向に拭かないと意味がないなど、清掃のコツが詰まっている。

Pandaid
Photo:PANPAID

ほかにも、スプレーなどの一般的な噴霧器による消毒や清掃への注意点も、視覚的に分かりやすいイラストを取り入れて説明している。専門的な情報がシンプルに整理されているのが、本マニュアルの大きな特徴だろう。これらはPDFでの無料ダウンロードが可能だ。日々の清掃に生かし、新型コロナウイルスのリスクを減らそう。

関連記事

ソーシャル ディスタンシングをマグロのイラストで説明したポスターが話題

縫わなくても簡単にできるDIYフェイスマスクを作ろう

Share the story
最新ニュース
    Advertising