草間彌生
© YAYOI KUSAMA

絶大なる希望を! 草間彌生からコロナ禍の世界へメッセージ

作成者: Ryuichiro Sato
広告

4月15日に、オオタファインアーツの公式サイトに日本の芸術家で「前衛の女王」の異名をとった世界的な芸術家、草間彌生のメッセージが掲載された。コロナ禍にある世界での共闘を呼びかけ、コロナウイルスへ対処している人々への感謝の念を表している。

草間彌生からのメッセージは以下の通り。

全世界への草間彌生からのメッセージ


我々の念願の彼方に輝く絶大なる希望を、いつも願ってやまない
その光こそ来たれ
それは我々が待ち望む大いなる宇宙の輝きである

人々が暗黒の世界に退けられてしまっている今こそ、
宇宙の中で広がった我々の希望の極地に、神よ来たれ

最愛の人間たちの一人一人、その歴史の中で
今こそ我々の魂への愛の讃歌を求めていこう
この歴史的な脅威の中に、刹那に輝いた素晴らしい未来を
歌い上げたいと思わないか

さあ、いこう

今こそ全ての人々の最愛の人類愛と努力で乗り越えて、
平和を呼び寄せたいと願っている
そして、愛のために呼び寄せた我々の願いを叶えたい
不幸を乗り越えるための勝負の時は、今やって来た

我々の前に立ちはだかった新型コロナウイルスよ
地上から消えてゆけ
我々で戦ってやる
この計り知れない魔物と戦ってやる

世界中の人々よ、今この時こそ全ての人類が立ち上がって欲しい
そして、すでに戦っている人々へありがとうと言いたい

芸術による革命家
草間彌生より

草間はその生涯で、コロナウイルスのほかにも香港風邪などのパンデミックを経験してきたはずだ。「前衛の女王」の異名もとり、反戦運動にも関わってきた。ここでうたわれている「戦う」という言葉は、彼女の人生そのものを投影した重みを持って我々に訴えかけてくる。

関連記事

吉岡徳仁がコロナ対策用フェイスシールドのテンプレートを無償配布

東京都によるアーティストへの支援策が発表

最新ニュース

    広告