ニュース / シティライフ

無印良品 銀座が本日オープン 6フロアにホテルやサロン、生鮮食品コーナーも

無印良品 銀座が本日オープン 6フロアにホテルやサロン、生鮮食品コーナーも

2019年4月4日(木)、無印良品の世界旗艦店が銀座にオープンした。同ブランドのミニマリスト精神が凝縮されたこの世界最大の施設では、ショップやホテル、レストラン、ライブラリー、ギャラリー、サロンが6フロアにわたって展開される。

 

 

Muji Hotel Ginza

MUJI HOTEL GINZAは6〜10階に入り、タイプの異なる9種類の客室を全79室用意している。自分の家をすべて無印良品のアイテムで飾りたいと願っていた人にとってはまさに夢のような空間だろう。ツインベッドの「TYPE I」の部屋には、畳の部屋や木製のバスタブが取り入れられ、和の雰囲気が味わえる。

 

 

ホテルのロビーがある6階にはショップ、ラウンジ、プライベートライブラリー、和食レストランWAがあり、ATELIER MUJIには2つのギャラリースペースも設けられている。レストランでは、日本各地の都道府県から集められた食材を用い、定期的に新しいメニューを提供する。サロンも併設されており、長い木製のカウンターで、宿泊客や一般客がカクテルやドリンク、軽食を楽しめるようになっている。

 

 

アップサイクル素材の使用と脱プラの取り組み

日用品売り場は、キッチン用品や家具、衣類を取り揃えているほか、文具やお菓子でも圧倒的な品揃えを誇る。インテリア全体にアップサイクル素材を使用している点も注目だ。さらに脱プラスティックの取り組みを展開し、紙製の買い物袋と再利用可能なトートバックのみを提供。また、購入した買い物袋を返却すれば袋の代金が返金されるサービスも実施している。

 

 

1階には、店内で焼き上げられた焼きたてパンを販売するベーカリーやジューススタンドのほか、有機の緑茶、ほうじ茶、ルイボス茶の3種をベースにしたブレンドティーを32種類オーダーできるブレンドティー工房も併設されている。生鮮食品コーナーの見どころも多く、食料品のほか、パッタイやカレー、ビビンバなどの各国料理が楽しめる弁当も販売。冷凍食品やレトルト食品も充実した品揃えだ。

 

 

2〜5階では品揃え豊富な日用品やファッションアイテムが並ぶ。4階のカスタムサービスエリアでは商品に刺繍を入れたり、活版印刷で文具をカスタムすることもできる。

 

 

Muji Diner

地下1階のMUJI Dinerは7時30分にオープンし、一日の始まりにヘルシーな朝食が食べられる。保存料不使用の旬の食材にこだわり、農家や生産者と密に連携しながら、質の高いの旬の食材を取り入れている。日替わりメニューのボードから定食を選べるほか、ランチやディナーでもヘルシーな和食料理をオーダーできる。

 

無印良品 銀座の詳しい情報はこちら

Advertising
Advertising