ニュース / シティライフ

渋谷区が喫煙ルールを新たに制定 喫煙所マップも公開

渋谷区が喫煙ルールを新たに制定  喫煙所マップも公開

渋谷区は2019年4月1日に、新たに定めた「渋谷区喫煙ルール」の内容を公式サイト上で公開した。2019年4月の「きれいなまち渋谷をみんなでつくる条例」の改正に伴うもので、これにより、2019年7月から屋外の公共の場所(渋谷区内の道路や公園、広場、その他公共の場所)が終日禁煙となる。

禁煙エリアを明確化するとともに、区内の渋谷駅、恵比寿駅、原宿駅、明治神宮前駅の駅前を中心に指定喫煙所を設け、一万平方メートルを超える大規模建築物内でも公共喫煙施設の設置を義務付ける。指定喫煙所のマップも公開されているので、確認しておきたい。


7月から区内全域を指導員が巡回し、取り締まりが行われるという。公共の場所で喫煙した場合は1万円以下の過料徴収の対象となる。なお、タバコ葉を加熱するタイプの加熱式たばこ(『iQOS』『glo』『Ploom』シリーズなど)も規制対象となる。

「渋谷区喫煙ルール」の詳細はこちら

Advertising
Advertising