ニュース / レストラン

朝食の新定番なるか?モンテクリスト サンドを食べてきた

朝食の新定番なるか?モンテクリスト サンドを食べてきた

パンケーキ、エッグベネディクト、フレンチトースト…。近頃代わり映えしなくなってきた朝食メニューに、新参者が登場したようだ。横浜の山下公園向かいに佇(たたず)む老舗ホテル、ホテルニューグランドのメインダイニング「ル・ノルマンディ」で6月1日から、新朝食メニュー『モンテクリスト サンド』の提供が始まった。タイムアウト東京が初日に早速、食べに行ってきた。

まず名前を聞くと、今の時期頭に思い浮かぶのは、某イケメン俳優が熱演しているドラマだろうか。同ドラマが脚本を基にした、フランスの有名小説『巌窟王(Le Comte de Monte-Cristo)』の主人公、モンテ・クリスト伯にこのサンドイッチの名前も由来しているらしい。

このサンドイッチは、フレンチトーストにチーズとベーコンを挟んで焼いたもの。ホテル自家製のパンで作られたフレンチトーストは簡単にナイフで切れるほど、ふわふわでプルプルの食感。これは、あえて1〜2日置き、水分を飛ばすことで卵液ををたっぷりと吸い込んでいるからだそう。

 

間に挟まっているベーコンはカリカリ、たっぷりのグリエールチーズは溶け出て皿にまでくっつきそうだ。これらの具材の塩気が、フレンチトーストの甘味と絶妙にマッチする。フレンチトーストだけでは味も量も少し物足りない、と思っていた人もこれなら満足できるに違いない。さらに、手絞りオレンジジュースのほか、ローストビーフや自家製ポテトサラダの乗った、サラダのオードブルもセットについてくる豪華な朝食メニューとなっている。

豪華客船「ノルマンディ号」をイメージした店内は、海側一面が窓となっている。絶景のオーシャンビューを眺めながら、優雅に朝食を楽しんでみてはいかがだろう。

 

ホテルニューグランド『モンテクリスト サンド』
レストラン:ル・ノルマンディ
時間:7時00分〜10時00分
価格:4,752円(税サ込)

 

関連記事
マリーナベイサンズの人気レストラン「セラヴィ」が日本上陸、ターゲットは都会の大人

 

Advertising
Advertising