日本初、自販機の定額制サービス「every pass」がスタート

自販機

2019年10月1日(火)JR東日本ウォータービジネスは、JR東日本エリアの駅で展開されている最新型の自動販売機ブランド『アキュア』において、月額制で飲料商品を受け取れる日本初のサービスを開始する

『アキュア』の自販機は、同エリアで400台ほど設置されており、通勤途中などに見かけたことがある人も多いのではないだろうか。本サービスは自販機に専用スマートフォンアプリ『アキュアパス』のQRコードをかざすだけで、毎日対象の商品を受け取れるという画期的な内容だ。

サービスには2つのプランがあり、『アキュアメイドプラン』では月額980円で『アキュア』のオリジナル飲料ブランドのミネラルウォーターやお茶などの商品を、月額2,480円の『プレミアムプラン』では前出の商品に加え、他飲料メーカーを含む全商品が対象となる。

『プレミアムプラン』では、『特茶』や『オロナミンC』をはじめとした豊富なラインナップから選ぶことができるので、その日の気分で商品を選べるのも魅力。高額な商品であれば、得した感覚も増す。

とはいえ、仮に30日間130円の商品を購入すれば合計3,900円となるので、お茶や水だけを買う場合でも、本来かかる金額より断然リーズナブルだ。

このプランの実施に当たり、同社は9月2日(月)から16日(月)の期間、サービス利用者の募集を行う。アプリ『アキュアパス』を登録すれば簡単に応募ができ、抽選で500名が当選予定だ。これまでにない画期的なサービスを利用できるかもしれないこの機会を見逃さないようにしたい。

応募概要を公式ホームページからチェック

 

テキスト:青木希
Advertising
Advertising

コメント

0 comments