Tomokazu Matsuyama Shinjuku
Photo: Kisa Toyoshima

新宿駅前に7メートルの彫刻が誕生、パブリックアートに親しんで

松山智一によるインスタレーションが新宿イーストスクエアで公開

作成者:
Kaila Imada
広告

東京には巨大な絵画や見事な彫刻など、至る所にパブリックアートがある。2020年は、渋谷パルコセクシーロボットチームラボの手がけるデジタルアートが誕生した。このほど新宿駅前に公開された彫刻は、ニューヨーク、ブルックリンを拠点とする日本の現代アーティスト、松山智一による『花尾(Hanao-san)』という7メートルの高さの作品だ

Tomokazu Matsuyama Shinjuku
Photo: Kisa Toyoshima

JR東日本旅客鉄道株式会社とのコラボレーションによって生まれた今作は、JR新宿駅東口前すぐの新宿イーストスクエアに設置。東京の中心部にパブリックアートインスタレーションを宣伝することを目的とした、ルミネが行うアートプロジェクトの一部となっている

Tomokazu Matsuyama Shinjuku
Photo: Kisa Toyoshima

松山は伝統的な日本のイメージと、アメリカのモチーフを色層のパターンで表現した作品で知られているアーティストだ。花束を抱いた少年をイメージした『花尾(Hanao-san)』の周囲には、カラフルなグラフィックも施されている。花は自然を、ステンレス鋼の彫刻は都市の具現化として制作され、彫刻の周囲にはスツールとベンチがあり、作品をさまざまな角度から楽しめる。

新宿イーストスクエアに行くには、駅の出口A8またはA9を経由するのが最適のルート。このエリアは24時間解放されているため、いつでも立ち寄ることが可能だ。

関連記事

オープンエアの水上タクシーで人気メニューをデリバリー

地上123メートルで肝試し、恐怖のゾンビ観覧車が大阪に

広島平和記念資料館がバーチャルツアーを開始

コーヒー味のコーラ? アメリカで2021年に発売へ

ブルーボトルコーヒー初の試み、専用自動販売機が渋谷に登場

最新ニュース

    広告