ニュース / アート

家で楽しむニューヨークのストリートアート

coronavirus, New York City, street art, murals, Banksy, Keith Haring
Photograph: Ali Garber

新型コロナウイルスの大流行によって閉鎖されたニューヨークの博物館や美術館、ギャラリーの多くは、バーチャルツアーやオンラインのみの展示を通じて、外出しなくても人々がアートを楽しめる機会を設けている。

しかし、屋外に作品があることが多いストリートアートが好きな場合はどうすればいいのだろう。うれしいことに、Google Arts & Cultureが、Googleストリートビューを利用してニューヨークにあるカラフルな壁画を360度ビューで体験できる「9 Amazing Street Art Murals in New York」を公開している。

鑑賞できる作品はブラジルのストリートアーティスト、エドゥアルド・コブラが描いた壁画など。コブラの作品は、クラウンハイツにあるフリーダ・カーロとディエゴ・リベラのポートレート、ブッシュウィックにあるボクシンググローブをはめたアンディ・ウォーホルとジャン・ミシェル・バスキアが並ぶ壁画、そしてジャージーシティのタワーマンションの壁に描かれたジギー・スターダスト姿のデイヴィッド・ボウイの3作品を見ることができる。

この投稿をInstagramで見る

⚡️Ziggy Stardust ! Mural finalizado em Jersey City / Eua #davidbowie #ziggystardust #jerseycity #eduardokobra #kobra

Eduardo Kobra(@kobrastreetart)がシェアした投稿 -

ストリートアートシーンには欠かせない存在、バンクシーの作品もある。アッパー・ウエスト・サイドにあるニューヨーク市消防局の消火栓に向かってハンパーを振り落とす子どものシルエットを描いた『Hammer Boy』をバーチャルで見られるほか、キース・ヘリングの有名な『Crack Is Wack』、気鋭の作家が参加することでも有名なハドソン・ストリートのバワリー・グラッフィティ・ウォールへもサイトを通して訪れることができる。

coronavirus, New York City, street art, murals, Banksy, Keith Haring

Photograph: Ali Garber

家にいながらにして、ストリートアートを楽しみたいなら、今週末はバーチャルトリップに出かけてみよう。アメリカへの旅らしく、『Ben & Jerry's』のアイスでも頬張りながらチェックするのもありかもしれない。

原文はこちら

 

関連記事 今こそバーチャルでニューヨークの有名美術館を訪れよう』『オンラインビューイングでNYのアートギャラリーへ』 

Advertising
Advertising