Photo: Navy blue lion/photo-ac
Photo: Navy blue lion/photo-ac

千代田区がコロナ対策のため区民へ一律12万円の給付金を支給

早ければ12月に一括振り込み

Advertising

2020年9月1日、東京都千代田区議会は新型コロナウイルス感染症対策のため、独自に全区民へ一律12万円の特別支給付金を支給することを正式に決定した。千代田区長の石川雅己は「区民の皆さまが個人やご家庭において、それぞれのご事情に合わせて効率的、効果的にお使いいただけるように、包括的な対応を図る給付金として決定させていただいた」と述べている。

給付金は4月27日時点で住民登録されている区民、約6万6000人が対象(2021年4月1日までに生まれた新生児を含む)。申請受付は11月ごろから開始予定で、世帯ごとに申請書が送付される。申請は全て郵送で行われ、早ければ12月ごろに一括で指定口座へ振り込まれる。独自給付金を決定した自治体はほかにも複数あるが、国の給付金を上回る金額を給付するのは全国でも珍しい。

千代田区特別支援給付金についての詳細情報はこちら

関連記事

ニューノーマル、新しい観光 超福祉編

ニューノーマル、新しい観光

東京、ホテルの都民優遇キャンペーン

在留資格を持つ外国人の再入国を9月1日から全面解禁

東京都品川区がコロナ支援策で全区民に3万円給付

 

Share the story
最新ニュース
    Advertising