ニュース / シティライフ

入り口は「ハウルの城」、ジブリパークが2022年開業へ

STUDIO GHIBLI
STUDIO GHIBLI

アカデミー賞を受賞した『千と千尋の神隠し』や、『となりのトトロ』、『もののけ姫』などアニメーションの傑作が愛されるスタジオジブリは、愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)にテーマパークをオープンさせることを昨年発表してファンを喜ばせた。

それ以来、テーマパークの情報はわずかだったが、スタジオジブリはこのほどコンセプトアートを公開した。邸宅を取り囲む豊かな緑からは、既存の自然を妨げないというテーマパークの使命を反映していることがうかがえる。

パーク内は、「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」「どんどこ森エリア」の5つのエリアで構成。愛・地球博記念公園の未利用地や既存施設を有効活用し、各施設をジブリ作品をモチーフにした公園施設として再整備する。さらに、『耳をすませば』に登場する骨董品店の地球屋が、パークの敷地に建設されることが明らかになっている。

今すぐチケットを予約すべきか?まあ、まずは落ち着こう。テーマパークのオープン日は2022年だ。その間に、三鷹市にあるジブリ美術館のチケットを手に入れて、スタジオジブリに関する知識を磨いておいてはどうだろう。

Advertising
Advertising