読むレジ袋
読むレジ袋

伊坂幸太郎、吉本ばななの小説レジ袋をナチュラルローソンで無料配布

メルカリとローソンの共同企画、リユースしたい「読むレジ袋」

作成者: Genya Aoki
広告

メルカリは、ローソンと共に2020年7月1日からのレジ袋有料化を前に、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく伊坂幸太郎、吉本ばなな、筒井康隆の小説を印字したレジ袋『読むレジ袋』を作成した。

同レジ袋は、メルカリが2020年4月から始動したプロジェクト『モノガタリ by mercari』で連載された、モノにまつわる三つの小説が印字されているプラスチックレジ袋で、改めてモノとの向き合い方について考え直すきっかけになることを願って企画された。また、素材には環境負荷の少ないバイオマスプラスチックが50以上配合されている。

2020年6月24日(水)〜26日(金)の3日間限定で、全国のナチュラルローソン138店舗にて各店舗一日100枚ずつ無料配布される。24日は、伊坂幸太郎『いい人の手に渡れ!』、25日(木)には、吉本ばなな『珊瑚のリング』を提供。筒井康隆の『花魁櫛』が印字されたレジ袋のみ26日にナチュラルローソン芝浦海岸通店だけで配られる予定だ。

関連記事

サステナブルなエコバッグ6選

大手コンビニ3社が7月1日からレジ袋を有料化、1枚3円へ

社会や地球、笑顔をつなぐアートマスクが登場

インタビュー:松田崇弥、松田文登

アベノマスク寄付で無料のタピオカドリンクを提供中

最新ニュース

    広告