ニュース / トラベル

京王線と井の頭線、大みそかの深夜運転を実施。特急列車や臨時バスも運行

京王電鉄

京王電鉄は、今年の大みそかから来年1月1日にかけ、京王線と井の頭線で深夜運転を実施すると発表した。初詣や初日の出などに向かう人々のために、特急と急行列車、臨時バスも運行する。

発表によると、京王線の新宿−高尾山口間、新線新宿−笹塚間、調布−橋本間、北野−京王八王子間では約40分間隔で、井の頭線の渋谷−吉祥寺間では20〜30分間隔で、それぞれ各駅停車で運転する。競馬場線と動物園線では実施しない。

また高尾山方面への客向けに、新宿発高尾山口行きの特急列車1本と急行列車2本を「迎光号」として運行。新宿−高尾山口間を1時間前後で結ぶ。高尾山口までは、「迎光号」以外の急行も3本運転する。

深大寺に初詣に行く人向けの臨時バスも用意。およそ22時30分〜27時00分の時間帯で、調布駅北口−深大寺(調布市)間と、つつじヶ丘駅北口−深大寺間で、それぞれ運行する。

問い合わせは京王お客さまセンター 電話042-357-6161まで。

Advertising
Advertising