ニュース / シティライフ

ローカルレジェンド#18 宇宙村オーナー 景山八郎

Uchumura

「私は宇宙人とのハーフなんです」と、隕石ショップ宇宙村のオーナー景山八郎(かげやまはちろう)は話し始めた。景山は6歳のころ、天の川が無数の星からできているということに感銘を受け、星と宇宙の神秘に引き込まれる。それ以来、宇宙に関する数多くの功績を残してきた。

18歳でロケットを自作し、鳥取県栄港市で天文学者として、天体の発見、天文教室の開催など、活動的な日々を過ごしてきた。数々の国際イベントにも参加し、22歳の時、国際地球観測年(1957年1月1日から1958年12月31日まで続いた、国際科学研究プロジェクト)の人工衛星観測班主任を務め、翌年に功績が称えられ、当時のアメリカ大統領ドワイト・D・アイゼンハワーから表彰を受けている。

 宇宙村の店内

店に足を踏み入れると、水晶や隕石、菩薩(ぼさつ)像などが所狭しと並べられたカオスな光景を目の当たりにするだろう。そして、景山の隣の席をすすめられ、隕石を持たされ、隕石にどれだけパワーがあるのかに耳を傾けることになる。

メディアにもしばしば登場し、変わり者として紹介されている景山。宇宙村を設立したきっかけを尋ねると、「58歳のときに、隕石に人間の望みをかなえる力があるのを発見したから」だという。以降、世界中で発見された隕石を収集し、店を営むかたわら、研究を続けている。

静岡県下田市に城を所有し(隕石をテーマにした美術館として営業していた)、弟子が横浜中華街や東京スカイツリーの近くで支店を営業しているなど、隕石ビジネスでも成功している景山。成功の秘訣を尋ねると、落ち着きのある口調で「諦めないで努力することだよ。怠けちゃいけないよ」と力をこめた。

宇宙村の詳しい情報はこちら

Advertising
Advertising

コメント

1 comments