How the new gallery space will look
Tim Ronalds Architects Concept art for the new gallery space

ロンドンに世界最大のイラストレーション展示施設が誕生

ハウス・オブ・イラストレーションが移転、2022年完成予定

Advertising

キングスクロスのハウス・オブ・イラストレーション(The House of Illustration)は素晴らしい場所だ。歩き回り、素敵な絵を眺め後は、近くの大きなウェイトローズのワインバーへ立ち寄る楽しみもある。敢えて言うならば欠点の一つは、展示空間が少々小さいということだろう。

どうやら、ロンドンにいるギャラリーの神がその欠点に耳を傾けてくれたようだ。ハウス・オブ・イラストレーションは、名称をクェンティン・ブレイク・センター・フォー・イラストレーション(Quentin Blake Centre for Illustration)に変更し、緑豊かなイズリントンへ移転する準備をしている。移転先はとても広大。敷地内には18世紀と19世紀に建てられた四つの工業ビルがあり、ロンドンで唯一残る風車も見られる。800万ポンド(約11億円)をかけたリノベーション完了後、ここは世界最大のイラストレーション専用アートスペースとなる。

イギリスの児童文学作家のクェンティン・ブレイクは、「自分の名前が自分が愛している芸術のための国際的な拠点、そしてビジュアルという言語で話してはいるが、全ての人に理解されているアーティストたちと関連付けられることを非常に誇りに思っている。素晴らしい場所になるだろう」 と述べた。

キングスクロスの旧ギャラリーはロックダウンのため、3月にすでに閉鎖。新しいスペースのリノベーション工事は2021年6月に始まり、2022年秋のオープンを予定している。

A cut-away of one building on the site

 

A cut-away of one building on the siteTim Ronalds Architects

 

A birds-eye-view of the entire site

 

A look at the entire £8m siteTim Ronalds Architects

 

Concept art showing the illustration gallery's cafe

 

Concept art showing the illustration gallery's cafeTim Ronalds Architects

 

 

原文はこちら

関連記事

世界の美術館のアートマスク9選

アメリカの博物館と美術館、3分の1が2020年末までに閉鎖危機

世界最速の走る美術館が12月19日にラストランへ

デザインミュージアムが7月末に再開、クラフトワークらの展示も

リニューアルオープンしたサントリー美術館に行くべき3のこと

Share the story
最新ニュース
    Advertising