ニュース / トラベル

ロンドンで一番有名な猫とお別れ……

ロンドンで一番有名な猫とお別れ……

ロンドン東部、ブリックレーンから少し入ったところに建つパブ、ザ プライド オブ スピタルフィールズ(The Pride of Spitalfields)にいる看板猫、レニーを知っているだろうか。レニーは「おそらく」イーストエンドで一番有名な猫で、毎日ここで過ごし、客たちにじゃれついていた。ニックネームは「パブの主」、ハッシュタグでは「#LennyThePubCat」と呼ばれ、ファンクラブも持つほどの人気者だ。

この投稿をInstagramで見る

Sad to report the death of our dear friend Lenny, guvnor of the Pride of Spitalfields, Heneage St. He was born in Liverpool but would never admit to being a Scouser—he was Frank Butcher come back as a cat, lording it for almost 20 years in Spitalfields with proper East End gusto: welcoming, wry, often overfed, no one’s fool, moving for no man. A legend, who I’m sure has fucked off up the road for a salmon beigel and is now ready to begin a new life haunting the bastards who tear up his neighbourhood. He was one of us. I miss him already. *** Photo via @thegentleauthor. *** #londonhistory #thisislondon #spitalfields #bricklane #prideofspitalfields #eastlondon #pubcat

Justin(@wychstreet)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Night night Lenny, sweet dreams #riplenny #prideofspitalfields #pubcat

Dave(@komputerdave)がシェアした投稿 -

このほど、19年の看板猫の人生をへて、レニーは旅立った。ミルクのグラスをスピタルフィールズの親愛なる猫に掲げよう。「レニー、いつまでもあなたを忘れない。天国でも、ずっと暖かいスツールに座っていられますように」。

原文はこちら

関連記事パブリックキャットシリーズ

Advertising
Advertising