丸の内テラス
Photo: Kisa Toyoshima

ルーフトップレストランも備えた丸の内テラスが11月5日にオープン

朝4時まで遊べるエンタメプレイスに、いざという時に駆け込める靴みがきやバーバーも

作成者: Shiori Kotaki
広告

2020年11月5日(木)に開通する、大手町駅のB1b出口・B7出口直結で、このエリアでは珍しいルーフトップレストランも備えた新たな商業施設、丸の内テラスが11月5日にオープンする。

同施設は、三菱地所、みずほフィナンシャルグループ、全国銀行協会の3社が共同で進めてきた「(仮称)丸の内 1-3 計画」におけるアネックス棟の建物。地下1階から地上10階まで、レストランやエンターテインメントプレイス、バーバー、会員制のプライベートサロンなど、11のヴェニューが入居する。「(仮称)丸の内 1-3 計画」は、三菱地所、みずほフィナンシャルグループ、全国銀行協会の3社が、東京都千代田区丸の内1丁目にある、みずほ銀行前本店ビル、銀行会館、東京銀行協会ビルを一体的に建て替えを行ったプロジェクトだ。

丸の内テラス
アッパー(Photo: Kisa Toyoshima)

一番の目玉となるのは、開放的なルーフトップが魅力のレストラン、アッパー(THE UPPER)だ。数々の飲食店を手がけるトランジットジェネラルオフィスのフラッグシップレストランで、9、10階の2フロアを擁している(9階は、バースペースを除いて来春からの営業を予定)。

丸の内テラス
アッパー(Photo: Kisa Toyoshima)

快進撃を続けるラシーム(La Cime) の高田裕介をパートナーシェフに迎えており、提供する料理のベースはフレンチ。コイやナマズなど、これまでは捨てられてしまっていたような食材も積極的に使っていきたいという。また、料理にぴったりなカクテルも忘れずに。「旅」をテーマに、いろいろな国をイメージしたカクテルが用意されている。

丸の内テラス
アッパー(Photo: Kisa Toyoshima)

1、2階には、夜通し楽しめる大人の遊び場、マルノウチ ベース(MARUNOUCHI BASE)が入居。ダーツに卓球、カラオケと、11時から朝の4時(日曜・祝日は24時)まで存分に楽しむことができるスポットだ。

丸の内テラス
マルノウチ ベース(Photo: Kisa Toyoshima)

特に注目なのが七つのカラオケルーム。スナックやキャバレー、ホテルのラウンジなど、それぞれの部屋にコンセプトがあるのが面白い。ちなみに、7番目の部屋はビップルームで、この部屋だけ室内にダーツボードが設置されている。

丸の内テラス
スナックをコンセプトにしたカラオケルーム(Photo: Kisa Toyoshima)

地下1階にはヒロ ギンザ バーバーショップと、靴磨きの千葉スペシャルも入居。今はオンラインで会話をすることも多くなったが、万が一、大切な商談などが急に入ってしまってもいいように、身だしなみを整えたいときに駆け込める場所として覚えておきたい2軒だ。

そのほか、ネオ四川バルやイタリアン、スペインバルなど、カジュアルに利用できる1階の飲食店には、テラス席も用意。軽く食事を楽しみたいときにも使い勝手がよさそうだ。

丸の内テラス
ネオ四川バルのジャンピング パンダ(Photo: Kisa Toyoshima)

丸の内テラスの詳しい情報はこちら

関連記事

おしゃれフードコート? 人気店を集めたセントラルキッチンが日本橋に誕生

選択肢は3969万通り、カスタムオーダーパフェ専門店がオープン

東京から1時間、サイクリストフレンドリーな宿泊施設がオープン

カリブ海フランス領生まれのカレー、コロンボ専門店が新宿にオープン

職場は川に浮かぶいかだ? ニューヨークで水上オフィス実現か

最新ニュース

    広告