Photograph: Shutterstock
Photograph: Shutterstock

ビデオチャットで仕事をしている風に見せるテーブルスタイリング法

Advertising

このご時世でビデオチャットを使った「#仕事(#business)」が盛んに行われている。しかし、仕事でウェブカメラの前に出るとき、生産性とは正反対の感覚を持ってしまうことも多いだろう。『マクビティー ホブノブビスケット』(イギリス人が大好きなビスケットの一つ)を早食いしているけど、同じぐらい熱心にスプレッドシートにも立ち向かっている、とZOOMの向こうの人たちに思ってもらいたいのであれば、まず、仕事をしている風の環境を作ってみるといいだろう。

本にもなっている著名なインテリアブログ『Mad About the House』著者、ケイト・ワトソン・スミスによると、ビデオチャット画面に映り込む周囲をスタイリングすることで、相手にテレワークを真剣に取り組んでいるように見えるそうだ。イリュージョンを作り出すティップスをケイトが教えてくれた。

1. デスクスペースを慎重に選択

ソファや(最高の仕事場であっても)ベッドの上ではなく、テーブルに座る。

2. 整頓する

背景はできるだけ目立たないように。特に、時流に合わないようなポスターなどが背景を支配するのはよくない。

3. コーヒーカップを置く

コーヒーは、どんなときも生産性の高い働き手が好む飲み物であるため。

4. 植物を置く

信頼性と責任感を持って何かを管理できることを示すのはいいことだ。置く植物は、生育が良いものでなければならない。そうすれば、チャットの相手は水をやりについて心配することなく、あなたが言っていることに集中できるはずだ。

原文はこちら

関連記事クイーンのブライアン・メイがインスタグラムでギターレッスンを披露
坂本龍一がプレミアムライブを緊急生配信

Share the story
最新ニュース
    Advertising