New York, The High Line, Meatpacking District, social distancing
Photograph: Shutterstock

ニューヨークのハイライン、7月16日から再オープン

作成者:
Howard Halle
広告

ニューヨークでは、レストランの屋内席での営業再開が延期され、うんざりしている人も多い。しかし、人気の高架公園、ハイラインが2020年7月16日(木)から再オープンするという、うれしいニュースが届いた。普段は混雑している公園だが、再オープンに当たっては、もちろんソーシャルディスタンスを確保するための措置が実施される。詳細を見てみよう。

開園時間

毎日12時から20時まで。

入場制限

訪れるためには、時間制入場券が必要となる。このページから無料で取得できる。

予約タイミング

予約開始は7月9日(木)10時から。初回のパスは7月16日(木)から7月26日(日)までが対象。7月20日(月)からは隔週、隔週月曜日に予約が開始される。当日予約可能な入場券も、数量限定で用意される。

限定的な入り口と出口

入り口は、ミートパッキング地区のガンズヴォート・ストリートとワシントン・ストリートの交差点のみ。ハイラインを歩けるのは23rdストリートまでで、一方向にしか進めない。23rdストリートからジャビットセンターまでは通行止めとなる。14th、16th、17th、20th、23rdの各ストリートの階段は出口専用となり、14thと23rdストリートのエレベーターも、車椅子などでの移動を必要とする人を除いては利用できない。16thストリートのエレベーターは閉鎖される。

マスクと他人との距離

マスク、もしくは顔を覆うものの着用、同居してない人と6フィート(1.8メートル)の距離を取ることが求められる。

飲食店やショップ

飲食の屋台やハイラインショップは、再開されない。

原文はこちら

関連記事

ニューヨークのホテルが、客に新型コロナウイルス検査を実施

設計者が語るバンコクの新空中庭園、チャオプラヤースカイパーク

持ち主ナシの航空手荷物を再販する「アンクレイムド・バゲージ」

ニューヨーク流、飲食店のソーシャルディスタンス6選

メトロポリタン美術館の分館、メット・ブロイラーが閉館

最新ニュース

    広告