ニュース / シティライフ

ニューヨークで自転車の赤信号通過が可能に?交差点50ヶ所で社会実験

ニューヨークで自転車の赤信号通過が可能に?交差点50ヶ所で社会実験
Photograph: Courtesy Jimmy Phillips

ニューヨークでは、自転車は安全性が高い乗りものとは言えない。統計によると、2017年には5つの行政区間で、自転車と車の衝突事故が4490件発生、死亡事故も27件起きた。こうした現状に対し、徐々にだが改善の取り組みが進められている。

327日、ニューヨーク市交通局と啓発団体「Streetsblog NYC」は、市街地のいくつかの交差点の信号で、自転車が車より先に通過できる社会実験の導入を発表した。実験では、交通局が実施する歩行者先行インターバル(Leading Pedestrian Interval LPI)システムを応用する。LPIは、車の信号が青に変わる前に、歩行者に対して交差点を渡る時間を、数秒先に与えるシステムだ。交通局は、市内50ヶ所の交差点で、車より早く横断歩道を渡ることができる歩行者信号に、自転車も同様に先行していいことを知らせる標識を一時的に設置している。

「この社会実験の実施は素晴らしい一歩であり、この取り組みを実現しようと尽力した支持者や地域住民にとって、長年待ち望んでいた勝利です」。市議会議員のカルロス・マンチャカは語る。「この実験によって、LPIは自転車利用者に対しても有効であるということが示されるでしょう」。

この実験は、歩行者と自転車利用者にとってより安全な交通環境作りを目指す取り組みとしてニューヨーク市長ビル・デ・ブラシオが掲げる、「ビジョンゼロ」キャンペーンの一環だ。交差点に設置される新たな標識は一時的なものだが(設置は10月までと予定されている)、交通局がこの取り組みを市全体に拡大しないなら、驚かざるを得ない。交通局の最近の調査によると、自転車利用者の死亡事故のうち65パーセントが、死亡事故と重症事故のうち89パーセントが、それぞれ交差点での車との衝突によって起きている。自転車利用者に対して、車より優先する権利を与えることで、事故発生率を低下させられる可能性がある。

この試みが成功すれば、多くのニューヨーカーにとって、道路を自転車で走る恐怖から解放される日がやってくるかもしれない。

原文

Advertising
Advertising