ニュース / シティライフ

タイムアウト東京が東京都交通局とタッグ、バスとトラムで巡るガイドマップが新登場

都営マップリリース
TimeOutTokyo

時には電車や地下鉄から乗り換えて、ローカルの生活をより身近に感じられるバスとトラムで東京観光はいかがだろう?

タイムアウト東京が東京都交通局と提携し、7月31日にリリースした新ガイドマップ『EXPLORE LIKE A TOKYOITE(ローカルのように東京探索)』(英語版・繁体字版)は、都内のバス・トラム旅の決定版。

バスの利用はハードルが高いと感じる外国人観光客のために、同ガイドマップには、バスとトラムのわかりやすい利用方法や、バス停表記の読み方など、利用の一助となる工夫を詰め込んだ。

エリアは台東区、荒川区、文京区などにまたがり、下町情緒溢れる雰囲気が魅力。「東京さくらトラム」の愛称をもつ都電荒川線と、同路線から乗り換え可能な4系統の都営バスで巡るレストランやギャラリーなど、30ヶ所を紹介している。

六義園などのメジャースポットのほか、大塚の夜をムーランルージュさながらのパフォーマンスで盛り上げるレストランバーのシスイ・ドゥー、谷中ビールの飲み比べができる谷中ビアホールなどを掲載。ローカルに密着したタイムアウト東京ならではのセレクションは、王道の観光では飽き足らないという旅行者にもぴったりだ。

 マップはA3サイズなので、道中でも広げて読みやすい。マップ上に示した桜とバラの見所スポットや、四季ごとにピックアップした注目イベントを紹介するコーナーも旅をより充実させてくれるだろう。

 

大塚のシスイ・ドゥー

 

車窓からバラの景色が楽しめる東京さくらトラム(都電荒川線)

マップは、観光案内所や主要ホテル、駅などで無料配布する。この機会にディープなローカルスポットまで連れて行ってくれる都営バスと、東京さくらトラムの魅力を感じてほしい。

 

▼主要配布場所 空港、観光案内所、大使館、主要地下鉄駅、ホテル、レストラン、ショップなどを中心に、東京都内90ヶ所以上で配布

※在庫切れの場合あり

 

Advertising
Advertising