ニュース / シティライフ

かつてのドヤ街にオープンした大衆居酒屋、山谷酒場の魅力

山谷酒場

執筆:長谷川あや

写真:中村悠希

古くから、日雇い労働者の集まる簡易宿泊所ドヤ宿)街として知られている山谷。漫画『あしたのジョー』で、主人公矢吹丈が所属していたボクシングジムも、山谷の中心地である泪橋下にあったという設定だ。今、若い世代が集まってきているという山谷に、20189月、新たな酒場山谷酒場がオープンした。

通りに面した壁側に並ぶ『山谷酒』ボトルキープの瓶

アルコール類は、甲類焼酎に10種のスパイスを漬け込んだ山谷酒のほか、和山椒酒花山椒酒カルダモン酒珈琲酒梅酒など自家製酒を用意(すべて500円)思わず「端から全部くださーい」と、叫びたくなる。ビールはサッポロ黒ラベル750)のほか、海外のビールも豊富に揃えている。

フード冷奴ハムカツ焼きそばなど居酒屋の定番から、フィッシュアンドチップスキャロットケーキ納豆チーズトーストなど、「え、こんなメニューもあるの?」といったものまでバラエティ豊か『特大プリンアラモード』(1週間前に要予約)という、パーティーメニューもある。魅力的なフードとアルコールメニューに、店のドアを開けた瞬間、酒好きの心がときめくことは間違いない。 

「お酒をまったく飲まれない方もいらっしゃいます。帰るときに、『お酒が飲めなくて、すみません』と言う方もいるのですが、うちとしてはぜんぜん構わない。色々な方に、気軽に使ってもらえれば嬉しいです」と語るのは、オーナーの酒井秀之。

もともとは、西調布で楓という名前の喫茶店を営んでいた酒井。趣味の街歩きで下町の大衆酒場を巡っているうちに「日本近代化の象徴とも言うべき山谷に誰もが安心して飲みに来ることができる大衆酒場を作りたい」と考えるようになり、同店のオープンに至ったそうだ。

朝8時から10時までは、モーニング喫茶楓の名のもと、朝食の提供を行っているというのも面白い

喫茶店出身の酒井が手がける店とあり、トースト類も充実。トーストに、自家製の珈琲酒を合わせる人もいるそう

「スパイスの効いた自家製酒との相性を考慮した」というフードメニューは、どれもそそられる素直に一押しを聞いたところ、醤肉(ジャンルウ)600円)と特製麻婆豆腐800円)を提案された。

 数種類のスパイスが入った『特製麻婆豆腐』。「詳しいことは企業秘密」と酒井

醤肉は、日本では目にする機会が少ない台湾料理。運ばれてきた瞬間、八角の魅惑的な香りが漂ってくる。スパイスと醤油で煮込んだ豚肉を、白髪ネギを巻いて食べるのだが、これがまたスパイスの効いたに良く合う。酒好きにはもちろん、スパイス好きにとってもたまらない

山谷という地名は、地図上にはもう存在しないが、「行ってはいけない街」と言われた、かつてのネガティブなイメージは今だに漂う。しかし、酒井は、あえて山谷という名前を店名に使用した。

山谷は変化しています。かつてにぎわった商店街は、今やシャッター街となっていますが、若い人たちも移り住んで来ていますし、ギャラリーもできている今後、近くに映画喫茶(泪橋ホールもオープンします

近所の人からは「よくぞ山谷の名前を残してくれた」と、声をかけられることもあるそうだ。

店の片隅には書棚も。置かれている本は、元吉原遊廓内にある遊廓専門の書店、カストリ書房のオーナーが同店のためにセレクトしたもので、購入も可能だ

テーブルには、日暮里繊維街で購入したというフルーツ柄の布が敷かれており華やかだ

内外装は、上堀内美術に「いい意味で酒場のイメージを裏切るものを」と依頼した。たしかに居心地は抜群で、「こんな店が自宅の近くにあったら……」という言葉がつい口をついた 

体も喜びそうな山谷酒のソーダ割を味わいながら、現在進行形で山谷の街が再生していく姿を見守るのも楽しそうだ。

山谷酒場の詳細はこちら

関連記事あなたと相性の良い都市は?

Advertising
Advertising