ROSS FROM FRIENDS JAPAN TOUR

ナイトライフ, クラブ
1/3
Fabrice Bourgelle
2/3
3/3

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

ワープやエイフェックス・ツインが90年代に提唱した『インテリジェント・ダンス・ミュージック(IDM)』や『ブレインダンス』のミームを継承する次世代の若きハウス・プロデューサー、ロス・フロム・フレンズ(Ross From Friends)が2度目の来日。
サウスロンドンを拠点とする彼は、9月に北米ツアーを終えたばかり。昨年は『サマー・ソニック』にて日本に初上陸したが、今回は東京、大阪を巡るライブツアーを行う。
レイヴ・パーティーをしながら旅していた両親を持ち、幼い頃からエレクトロニック・ミュージックに触れてきたロス・フロム・フレンズは、2015〜2017年の活動初期にはローファイ・ハウスのプロデューサーかのように見えていたが、2018年以降の作品からは、よりクリアでエレクトロニックな音色に変わり、複雑な構成の曲を作るようになった。
ビートの軸は常にハウスにあり、「IDMハウス」「インテリジェント・ハウス・ミュージック(IHM)」という言葉があれば、そう表現したい音楽を作るトラックメーカーだ。
12月6日(金)のサーカスでのライブは、そんな彼の今を間近で聴ける数少ないチャンスとなるだろう。

Ross From Friends インスタグラム:  https://www.instagram.com/rossfromfriends/

 

By Hongo

掲載日

詳細

関連情報