時音 supported by INFAS Publications

ナイトライフ 無料
1/3
2/3
3/3

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

WWD JAPANやSTUDIO VOICE、流行通信、TOKIONなどの媒体を発行し、鋭い感性で時代をけん引してきたINFAS PUBLICATIONSがサポートするパーティー『時音』が2度目の開催を迎える。今回も、「音楽の可能性を再認識する」ことをテーマに、既存のシーンにとらわれない多彩なラインナップが揃う。出演するのは、ワールドワイドな活躍に加え、自身のレーベルCrue-Lから話題作をリリースし続けるKENJI TAKIMIと、モデル業のかたわらDJとして『FUJIROCK FESTIVAL’17』にも出演するなどマルチな才能を開花させているDIANA CHIAKI、クリエイティブ集団のBLACKMAPSやMILD BUNCHクルーのひとりであり『バーニングマン』や『フジロック』『ラビリンス』などでもプレイしてきたMAXXRELAXなど。会場であるSankeys PENTHOUSEのラグジュアリーな雰囲気のなか、トップDJたちのプレイを堪能しよう。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://sankeyspenthouse.com/music/225
関連情報