定番ビールが夜遊び仕様に

『アサヒスーパードライ』がボトルタイプの新商品をクラブやダーツバーで展開

作成者: Kunihiro Miki |
Advertising
in association with アサヒビール株式会社


アサヒビールの新ブランド『アサヒスーパードライ ザ・クール』(以下、『ザ・クール』)が、4月3日に新商品発表会にて披露された。クラブやダーツバー、レジャーシーンなどの若者が集まる場所での需要に対応したもので、キーワードは「開放」だ。

同社が商品開発に際して行った若者層(20〜34歳)のビール飲用の実態調査では、家庭内での購入容量や飲用頻度は他の世代に比べて少ないものの、気のおけない仲間たちとの「外飲み」=ストレスから開放されるためのスイッチとしてのビール需要は高いことが明らかに。

そうした実態を背景に開発された『ザ・クール』は、ボトルから直接飲むことを想定し、苦みや渋みを抑えたこれまでにない飲みやすさを実現させた。

ボトルタイプは持ちやすくこぼれにくいため、ダーツ/スポーツバーやクラブではありがたい。香りやのど越しは飲み慣れたあの「スーパードライ」そのものだが、よりライトな飲み口で、夏フェスなどのシーンにもフィットしそうだ。

新商品発表会はダーツバーBee 渋谷店を会場にして行われた

新商品の展開と同時に、『カルピス』の原液を『ザ・クール』と一緒に提供し、その場で自ら作るビアカクテル『COOL STYLE』も、エントリーユーザー向けに提案して行く。

珍しいビアカクテルメニューだが、すっきりとした『ザ・クール』の味わいとカルピスのミルキーな甘みの相性は良い。まさに、ビールが苦手な人にはうってつけだろう。

 4月12日(金)から6月30日(日)の期間で、原宿に『ザ・クール』のブランドコンセプトショップを出店することも決定している。またダーツバーのBeeを展開するビーリンク社とタイアップし、オリジナルの『G-SHOCK』など、プレゼントフェアも行う。

『ザ・クール』は、4月9日(火)からBee各店やバグース各店をはじめ、ダーツバー、クラブ、ブライダル・ウェディング会場、カラオケ店などで販売が開始される。

『アサヒスーパードライ ザ・クール』の詳しい情報はこちら

Bee各店の情報はこちら

Advertising