アズミ 瀬戸田

トラベル
Azumi Setoda
1/5
Photo: Tomohiro Sakashita
Azumi Setoda
2/5
Photo:Tomohiro Sakashita
Azumi Setoda
3/5
Photo:Max Houtzager
Azumi Setoda
4/5
ユブネの女湯タイル壁画(Photo: Yuna Yagi)
Azumi Setoda
5/5
Photo :Max Houtzager

タイムアウトレビュー

※2021年3月1日オープン

世界的リゾートブランド『アマン』の創業者、エイドリアン・ゼッカが手がける旅館、アズミ 瀬戸田(Azumi Setoda)が広島県尾道市瀬戸田にオープンした。

銭湯と旅籠(はたご)が一体となった街の交流地、ユブネ(yubune)も同時開業。同宿は日帰り入湯が大人900円から可能で、ゼッカが追求する日本伝統文化の新たな表現を、幅広い価格帯で体験できる宿となっている。

アズミ瀬戸田は、明治初期に建てられた旧堀内邸を改装。天井まで約9メートルある開放的なダイニングのほか、約50〜70平方メートルの客室が22室ある。全ての部屋は垣根で仕切られ、個別に設計された坪庭が望めるプライベートな空間になっている。坪庭は造園設計集団、和想デザイン(WA-SO Design)によって客室から一体につながる自然を楽しめるよう設計された。

そのほか、あずまや、ギャラリーも完備。元の建築様式を生かすことで「まるで邸宅に招かれているような」心遣いを表現している。

ユブネは約20〜30平方メートルの客室が14室と、男女別の浴室とサウナ、湯あがりラウンジを完備。浴室には、美術家のミヤケマイによる銭湯壁画が施されており、男湯には昼間、女湯は夜の瀬戸内海の情景が描かれている。疲れを癒やすだけでなく、視覚的にも楽しめるだろう。

掲載日

詳細

住所 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田269
Tokyo

アクセス JR山陽本線『尾道』駅から高速船で35分
問い合わせ
関連情報