新国立劇場バレエ団「白鳥の湖」

ステージ 新国立劇場 , 初台 2021年10月30日 - 2021年11月3日
©Takuya Uchiyama
1/2
©Takuya Uchiyama
©Takuya Uchiyama
2/2
©Takuya Uchiyama

タイムアウトレビュー

新型コロナウイルスの影響で公演の中止を余儀なくされていた新国立劇場だが、「2021/2022シーズン」のオープニングとして、クラシックバレエの名作『白鳥の湖』が上演される。プロダクションを担当するのはイギリスのバレエ界をけん引し、吉田都をプリンシパルに育て上げた、サー・ピーター・ライトだ。

『白鳥の湖』は、邪悪な魔術師によって白鳥に姿を変えられた王女オデットと、王子ジークフリートとの悲恋を描いている。今回の上演では、イギリスらしい演劇的要素が演出に盛り込まれており、重みのあるドラマチックな展開が楽しめるだろう。

芸術の秋にぴったりな本作品を、会場で堪能してみては。チケットの購入方法は、公式ウェブサイトで確認してみてほしい。

関連記事
新国立劇場バレエ団が新たな「白鳥の湖」上演、吉田都にインタビュー

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/swanlake/
ヴェニュー名 新国立劇場
住所 東京都渋谷区本町1-1-1
Tokyo

アクセス 京王新線・都営新宿線『初台』駅(中央口)徒歩1分

イベント詳細

    • 新国立劇場 S席1万4,300円、A席1万2,100円、B席8,800円、C席6,600円、D席4,400円

      オペラパレスにて/13時00分〜15時50分、18時30分〜21時20分

    • 新国立劇場 S席1万4,300円、A席1万2,100円、B席8,800円、C席6,600円、D席4,400円

      オペラパレスにて/14時00分〜16時50分

関連情報
    Best selling Time Out Offers