令和4年夏休み文楽特別公演

  • ステージ, 人形劇
  • 国立文楽劇場
  1. 提供:国立文楽劇場
    『鈴の音』(画像提供:国立文楽劇場)
  2. 『心中天網島』
    『心中天網島 北新地河庄の段』(提供:国立文楽劇場)
広告

タイムアウトレビュー

夏休み限定の文楽特別公演が、大阪の国立文楽劇場で開催。第1部から第3部まであり、第1部の『親子劇場』では桐竹勘十郎が脚本を書き、演出を手がけた新作『鈴の音』が上演される。そのほか第2部『心中天網島』『北新地河庄の段』に出演。

また、1部では『瓜子姫とあまんじゃく』や、子どもに向けた解説を行う。3部では『サマーレイトショー』として『花上野誉碑』から『志渡寺の段』と、『紅葉狩』を上演。解説もあり、親子で楽しめる演目がそろっている。

詳細

イベントのウェブサイト
www.ntj.jac.go.jp/schedule/bunraku/2022/278.html
住所
国立文楽劇場
大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10
Tokyo
アクセス
大阪メトロ堺筋線・千日前線『日本橋』駅(出口7)徒歩1分/近鉄奈良線『近鉄日本橋』駅(出口7)徒歩1分

イベント詳細

11:00国立文楽劇場 5,000円/学生2,500円、18歳以下1,900円
11:00国立文楽劇場 5,000円/学生2,500円、18歳以下1,900円
11:00国立文楽劇場 5,000円/学生2,500円、18歳以下1,900円
11:00国立文楽劇場 5,000円/学生2,500円、18歳以下1,900円
広告
関連情報