狂言ござる乃座

ステージ
狂言ござる乃座
1/2
狂言ござる乃座
2/2

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

野村萬斎主宰の狂言会が節目の60回目を迎える。

今回は令和時代の始まりを記念し、萬斎が即位の礼に伴う大嘗祭(だいじょうさい)にまつわる『髭櫓(ひげやぐら)』と、楽しいストーリーで人気の『樋の酒(ひのさけ)』を務める。さらに萬斎の父であり人間国宝の万作と息子の裕基が、めでたい狂言『鍋八撥(なべやつばち)』を披露。夫婦円満と長寿を祝う『高砂(たかさご)』は素囃子(すばやし)で上演される。アクロバティックな趣向もあり、3代にわたる狂言師によるさまざまな表現が楽しめそうだ。

掲載日

詳細

関連情報