東京ノーヴイ・レパートリーシアター連続演劇公演

ステージ 梅若能楽学院会館 , 東中野 2019年11月30日 - 2020年5月24日
東京ノーヴイ・レパートリーシアター連続演劇公演
1/4
東京ノーヴイ・レパートリーシアター連続演劇公演
2/4
東京ノーヴイ・レパートリーシアター連続演劇公演
3/4
東京ノーヴイ・レパートリーシアター連続演劇公演
4/4

タイムアウトレビュー

レオニード・アニシモフが演出を務める、東京ノーヴイ・レパートリーシアターの長期連続公演が、中野の梅若能楽学院会館で開催。サン=テグジュペリ作『星の王子さま』をオープニング作品として、以後は年内にギリシャ悲劇『アンティゴネー』、ゴーリキー『どん底』、2020年に入ってギリシャ悲劇『メデイア』、『コーカサスの白墨の輪』が上演される。

東洋と西洋の思想を融合した、独自の演出方法で知られるアニシモフ。能の大成者として知られる世阿弥(ぜあみ)の演技哲学と、ロシアの演劇理論であるスタニスラフスキー・システムを統合した演劇は一見の価値がある。『星の王子さま』などの海外作品に、能や歌舞伎といった日本的要素を取り入れた、まったく新しい世界観を楽しむことができるだろう。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト http://www.tokyo-novyi.com/
ヴェニュー名 梅若能楽学院会館
住所 東京都中野区東中野2-6-14
Tokyo

イベント詳細

    • 梅若能楽学院会館 前売り4,500円/当日5,000円、学生3,500円、小・中学生2,000円

      15時00分〜17時00分『アンティゴネー』

ユーザー評価

0 comments