国立劇場

  • ステージ
  • 半蔵門
広告

タイムアウトレビュー

大劇場では1年に7カ月間は歌舞伎が、小劇場では1年に4カ月間は文楽が楽しめる。劇場には、物語の解説が掲載された英語のパンフレットやオーディオガイドが用意されている。

詳細

住所
東京都千代田区隼町4-1
Tokyo
アクセス
東京メトロ半蔵門線『半蔵門』駅(出口1) 徒歩5分/東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線『永田町』駅(出口4) 徒歩8分

開催中

令和4年9月文楽公演

  • 人形劇

国立劇場の大規模リニューアルに際した「未来へつなぐ国立劇場プロジェクト」の一環として、2022年9月から14カ月間にわたり『初代国立劇場さよなら公演』が開催。第3部『奥州安達原』には、重要無形文化財保持者(人間国宝)の桐竹勘十郎が出演する。 9月3日(土)~20日(火)の文楽公演では、第1部に『碁太平記白石噺』から『田植の段』『逆井村の段』、第2部に『寿柱立万歳』、『碁太平記白石噺』から『浅草雷門の段』『新吉原揚屋の段』、第3部『奥州安達原』から『朱雀堤の段』『敷妙使者の段』『矢の根の段』『袖萩祭文の段』『貞任物語の段』『道行千里の岩田帯』が上演される。

広告
関連情報